航空自衛隊のご飯、1日の食事メニュー|九州の芦屋基地

航空自衛隊の隊員食堂の食事は美味しいの?

 航空自衛隊の隊員食堂の食事ですが、個人的な予想では洋食が多いのでは、と思っていましたが、そんなこともなく、日本的な食事が多い印象でした。
 航空自衛隊の食事の美味しさは場所によって違うようです。
 レーダーサイトなど、食べる隊員が少人数だと美味しくなったりする場合もあるそうです。

自衛隊の食事メニューは栄養士が考える

 航空自衛隊の隊員食堂にも専属の栄養士がいます。
 その栄養士がメニューを考案します。
 隊員側が「これを食べたい」と注文をすることはできません。
 カレーなら、皆がカレーを食べます。

自衛隊の食事は飽きの来ないメニュー構成になっている

 栄養士のセンスにもよりますが、メニュー構成は、基本的には肉料理のあとは魚料理、そのあとは卵料理など、バリエーションに富んでいます。
 また、季節に準じた料理なども多いです。
 自衛隊のご飯というと肉料理にご飯がてんこ盛り、という体育会系のイメージですが、決してそのような豪快なメニューばかりではありません。
 あくまで一汁三菜が基本で、カロリーの確保と同時に栄養の摂取、肝心の味についても、バランス良く考えられているようです。

航空自衛隊のある1日の食事メニュー

 筆者が食べた航空自衛隊の食事を紹介します。
 まずは朝食から。
 朝は、6時半から食べることができます。
※朝食の時間は、季節や場所によって変わります。

航空自衛隊の朝ご飯

芦屋基地の朝ご飯01
 ▲朝ご飯。
――――――――
・白ご飯
・油揚げの味噌汁
・レバー煮
・胡麻チキンサラダ
・ポテトベーコン
・生卵
・ちびろく納豆
・牛乳(180ミリリットル)
――――――――
 1001キロカロリー

 伝統的な日本の朝食という感じです。
 ちょっと豪華すぎる気も……。
 自分的には、白ご飯と味噌汁と、スクランブルエッグと申し訳程度にサラダがついて、というような質素な食事をイメージしていたので、完全に裏切られました。
 味も、たいへんおいしかったです。

航空自衛隊のお昼ご飯

芦屋基地のお昼ご飯02
 ▲続いて航空自衛隊のランチです。
 俗に「陸自はおにぎり、海自はカレー、空自はハンバーガー」なんていわれるから、航空自衛隊のランチといえばパスタとかパン食なのでは……? と思っていたら、焼き魚でした(笑)

 内容は次の通り。
――――――――
・白ご飯
・つぼ鯛みりん焼き
・なめこ汁
・牛すじと野菜の煮込み
・とろろ
・きんかん
――――――――
 934キロカロリー

 お昼が魚料理と決まっているわけではありません。
 日によってはパスタということもあり得ます。

 つぼ鯛みりん焼きは、白ご飯のおかずにバッチリでした。
 なめこ汁ととろろまでついて、大衆食堂の日替わり定食みたいです。

航空自衛隊の夕ご飯

芦屋基地の夕ご飯
 ▲夕ご飯。
――――――――
・白ご飯
・鶏の水炊き
・萌と竹輪の酢の物
――――――――
 1008キロカロリー

 3日間、航空自衛隊の基地で食事をしましたが、そのうちの2日間の夕ご飯は鍋料理でした。
 鍋だと、調理をするのが楽で、後片付けも簡単なのだと思います。

 鍋料理といっても、正確には具だくさんスープといったほうがいいかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました